酵素洗顔とアンチエイジング

酵素洗顔はアンチエイジングの強い味方!

どんなにしっかりスキンケアをしていても、加齢とともにターンオーバーのサイクルは低下していきます。
ターンオーバーのサイクルは28日周期というのが一般的ですが、これはあくまでも目安であって、年齢を重ねていくと肌機能が衰えるためにサイクルも乱れたり遅くなったりします。
皮膚の表面は角質層で覆われていますが、この角質が新しい肌細胞と定期的に入れ替わらないと、肌はどんどん劣化します。

 

ターンオーバーのサイクルが崩れると・・・・

 

角質にはメラニン色素が沈着したままになるため、くすみやしみが出来て肌が黒ずんだようになってしまいますし、水分保持機能などが低下するため乾燥肌になってしまいます。
肌が乾燥すると、水分が不足して柔軟性がなくなり硬くなってしわやちりめんジワもできますし、ハリも失われるので、目の下やほほ、フェイスラインがたるんだり毛穴が開いた状態になっていきます。
つまり、肌が老化するかしないかというのは、ターンオーバーのサイクルが鍵を握っているのです。

 

最近は年齢に関わらずアンチエイジングをする女性が増えていますが、その方法としては、アンチエイジング効果がある美容成分を取り入れたスキンケアをするのがもっともポピュラーです。
もちろん、美容成分を与えることは大事ですし、アンチエイジングに特化した効果があるものなら、肌の老化を食い止めることもできるでしょう。
ただ、若々しい肌は健康な角質から作り上げられるものなので、まずはターンオーバーを促進することがアンチエイジングの基本となります。
そのためには、サイクルが低下して肌に張り付いている古い角質を落とすことが第一になるのです。

 

角質というのはタンパク質で出来ているので、普通の洗顔料の洗浄成分では落とせません。
タンパク質を分解するのは酵素なので、酵素洗顔をすることで角質をしっかりと落としてターンオーバーを促進することができます。
つまり、酵素洗顔はアンチエイジングに必要なターンオーバーのサイクルを正常化することができるので、結果的に老化を防いで改善するという関係性があると言えるのです。