酵素洗顔と泥洗顔

酵素洗顔と泥洗顔を比較してみよう

毛穴の奥の汚れや角質を取る洗顔方法はいろいろありますが、その中でも人気が高いのが酵素洗顔と泥泡洗顔です。
毛穴というのはとても小さく、しかも詰まっている汚れは皮脂や老廃物など油分が多いため、普通の洗顔では落とせません。
また、角質というのはタンパク質から構成されているため、洗浄成分の泡で落とすということもできません。
美肌は、クリアできゅっと引き締まった毛穴と、ダメージやメラニンが蓄積していない健康な角質層が基本となります。
つまり美しい素肌になるためには、毛穴ケアと角質ケアをすることがポイントになるのですね。

 

酵素洗顔の優れている点

 

酵素洗顔と泥泡洗顔は、どちらも毛穴と角質をケアしながら洗顔ができるということが共通した効果になります。
ただし、その効果の高さを比較してみると、酵素洗顔の方が優れていると言えます。
酵素というのは、タンパク質や皮脂を分解する力を持っているので、肌に負担をかけることなく自然に毛穴の汚れや古い角質を落とすことができます。

 

泥洗顔の優れている点

 

一方、泥泡洗顔に使われているクレイという成分は、汚れを吸着する働きを持っているので、毛穴の奥まで入り込んで皮脂汚れを絡め取って落とします。
またこの吸着力によって、角質も取ることができます。
そうは言っても、クレイの吸着力は引き剥がすというような強力なものではありませんし、そこまで強い吸着力では肌を傷めてしまいます。
ですので、普通の洗浄成分よりは毛穴汚れや角質を落とす効果はあるものの、分解して落とせる酵素よりは効果が劣るのです。

 

どちらかといえば・・・

 

もちろんどちらも毛穴の黒ずみや開き、くすみやしみ、ターンオーバーの低下の改善には効果がある洗顔方法になります。
ただ、しっかりと確実なケアをしたいという場合は、酵素洗顔の方がおすすめです。
毛穴の皮脂汚れは粘着性が高く、古い角質もケアをしていなければ分厚くなってしまっているので、吸着するという洗顔だけでは効果が感じられないこともあります。
美肌の土台作りのために毛穴と角質を整えるには、定期的に汚れを落としていかなくてはいけませんから、効果を比較して考えると酵素洗顔の方が良いと言えるかもしれません。