スクラブ洗顔

実はとっても危ない、スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は、微粒子によって肌にこびりついた汚れを落とすことが出来るので、一時期は毛穴のよごれ解消やニキビ改善に効果があると言われていました。
また、スクラブ効果によって毛穴の汚れを掻き出すことが出来て、黒ずみなどの改善効果もあるということで大流行したのも事実です。

 

ですが、スクラブというのは微粒子といっても毛穴よりも大きいので、基本的には表面の汚れしか落とすことは出来ません
そのため表面の酸化した黒ずみの部分が削られて綺麗になっても、奥に残った汚れが酸化して黒ずんでしまうので、一時的な効果しかないのです。
つまり毛穴の汚れ改善には効果がないのですが、もっと悪いのは肌を傷つけてしまうということです。

 

 

肌に傷をつけてしまう危険性も

 

スクラブ洗顔は肌の上で硬い物質を転がして洗顔するという方法になります。
どんなに優しく洗おうとしても、硬い物質がころころと転がるのですから、デリケートな肌には大きな刺激となってダメージを与えてしまいます。
角質も傷つけますし、皮脂膜も取り去ってしまうので、洗顔後のお肌は保湿成分がなくなり、さらに水分もどんどん蒸発していきます。
このように肌を傷つけると、乾燥肌になるのはもちろん、ダメージから守るために角質肥厚が起こって毛穴が詰まりやすくなったり、肌を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になります。
また、新しい肌細胞が未成熟なまま角質層に上がってきてしまい、刺激に弱い敏感肌になることもあるのです。

 

確かに、普通の洗顔料よりは角質や毛穴汚れを落とす効果が高いスクラブですが、その代わり肌を傷めつけてトラブルを起こしてしまうというリスクも高くなるのです。
最近は肌に優しいスクラブ洗顔もありますが、基本的に肌を異物でこするのですから、肌に良いということはありません。
ですので、毛穴の汚れや古い角質、その他あらゆる汚れをすっきり落としたいという場合は、酵素洗顔をするようにしましょう。
酵素は汚れを分解する成分なので、どんな汚れにもしっかり届いて、肌を傷つけることなくクリアな素肌へと導いてくれます。